ローカル5G

Local 5G

ローカル5Gの特徴

ローカル5Gは、地域や産業の個別ニーズに応じて、地域の企業や自治体等が自ら免許を取得し、柔軟に5Gシステムの構築が可能となる仕組みです。
これにより、通信事業者ではカバーしづらい通信地域でも、独自に5Gシステムを構築・利用することが可能となり、地方創生への活用が期待されています。

ローカル5Gで広がるスマートシティ
  • 建機遠隔制御
  • eスタジアム
  • テレワーク環境整備
  • 4K/8K動画・XR
ローカル5Gで広がるスマートシティ
  • スマートファクトリ
  • 遠隔治療
  • 河川の監視
  • 自動農場管理
ローカル5Gで実現すること

建機遠隔制御

建機遠隔制御
作業員が現場ではなく、遠隔地から建設機械を操作することができ、安全面での労働環境の改善と働き手不足問題を解決します。
また、ドローンを使用した3D図面測量もリアルタイムで解析できるようになります。

eスタジアム

eスタジアム
高精細・高画質のデータ配信が可能になり、自治体施設でのパブリックビューなどを活用したスポーツ観戦が実現します。 これにより、地方でのスポーツビジネスの拡大、自治体施設の公益性向上、収益改善が期待されます。
大規模な会場内において、デジタルサイネージを使用しリアルタイムな飲食店の情報を伝え混雑を緩和します。

テレワーク環境の設備

テレワーク環境の設備
高セキュリティで柔軟性の高い通信が可能となるため、XRを利用した会議や、遠隔からの操作が可能となり場所にとらわれない働き方を実現します。

4K/8K動画・XR

4K/8K動画・XR
XR技術を使い建設現場での講習や、飛行機の整備・運転講習、医療機関での実地研修などで体験型のシュミレーションが可能となります。
高精細映像の配信により効果的な地域観光資源のプロモーションが可能となります。

スマートファクトリ

スマートファクトリ
電気設備をモニタリング、コントロールすることで省エネルギー化を実現します。
無線での通信が拡大し、生産ラインのオートメーション化を加速します。より詳細な稼働データが取得可能となり、生産コストの見直しや、オペレーションの改善にもご活用頂けます。

遠隔治療

遠隔治療
高精細な医療画像の転送が可能となる事により、様々な場所から診察を受けることが可能になります。
MRIなどの機器で撮影した高精細な画像データを医師間で共有することが容易となります。場所を制限することなく情報を共有することで医療従事者の勤務環境の改善を図ります。

河川等の監視(センサー/4K 8k)

河川等の監視(センサー/4K 8k)
センサーを使用し水位や水温を計測し、リアルタイムの状況を遠隔地から把握することが可能となります。
災害等の緊急時には、緊急速報メールの他、防災無線やコニュニティー放送等を戸別に伝達し、よりきめ細かく情報を伝えることが可能となります。

自動農場の管理/農業の高度化

自動農場の管理/農業の高度化
作物の育成状況や環境など、複数のデータを利活用することで生産性を向上し省エネルギー化を実現します。
ドローンや自動トラクターを使用した肥料散布、水やりや農場の整備などが可能となり、作業効率を向上します。また、自動化をすることで人材不足解消を図ります。
用語解説
  • ※XR VR(Virtual Reality/仮想現実)やAR(Augmented Reality/拡張現実)、MR(Mixed Reality/複合現実)など仮想空間を再現する技術の総称。


CONTACT

お問い合わせフォーム

資料請求、疑問、質問などにお応えいたします。お気軽にご相談ください。

 ページの先頭へ戻る
ローカル5Gについてのお問合せ