ネットワーク仮想化・インテグレーション 「VMware NSX」Network solution

次世代データセンターに最適なプラットフォーム
VMware NSXは先進のネットワーク仮想化プラットフォームです。 仮想マシン同様の運用モデルで、ネットワークを運用できるようになります。仮想ネットワークでは、コンピューティングを行う仮想マシンと同様に、基盤となるハードウェアに依存せずにプログラムによってプロビジョニングと管理を行えます。
お客様のこのような課題を解決します
ネットワークプロビジョニング時間を短縮したい
NSXの導入により、物理ネットワークから仮想ネットワークを具体化し、多階層のネットワークサービスやセキュリティサービスのプロビジョニングに掛かる時間を数週間から数秒間に短縮できます。
その結果、データセンターの運用担当者には作業負荷の軽減というメリットが得られます。また、物理ネットワークは任意のネットワークハードウェアを柔軟に選択できます。
DCネットワークのセキュリティを向上し標的型攻撃に対する拡散防止を実現したい
NSX は、自動化された詳細なポリシーを仮想マシンに関連付けることで、データセンター内のセキュリティを確保します。また、ネットワーク仮想化機能によって、物理ネットワークの構成に縛られずに柔軟にセキュリティポリシーを設定できます。
このアプローチにより各ネットワークを安全に分離できるので、本質的に優れたセキュリティ モデルをデータセンターに適用できます。
マルチサイトDCを実現し、DC移行/引越をシームレスに実現したい
DC間やプライベート-パブリッククラウド間でのSoftware Defined DCにより、シームレスなハイブリッドクラウドやActive-Active DC化を実現できます。
おもな特徴
システム間のネットワーク分離性の向上
物理ネットワーク機器への設定変更作業を完全排除
仮想スイッチ間でのオーバレイネットワーク(仮想ネットワーク)を形成
仮想マシンの追加、削除、移動等には自動追従
物理ネットワーク機器のダウンサイジングが可能
物理ネットワークトラフィックの削減
ハイパーバイザー内で提供されるネットワークサービス
仮想マシンから最短ルートで提供されるネットワークサービス
オーケストレーションツールとの連動により自動化を実現
ネットワークポリシーも含めたPaaSレベルの展開を実現
L2/3のみならず、セキュリティやLBまでの展開が可能
標準化による運用統一が可能
既存ネットワークのまま、セキュリティ強化を実現
分散ファイヤーウォール機能のみから利用可能かつ、既存環境への導入も容易
ネットワーク設定変更作業で作業量が多いセキュリティ関連の多くを自動化
同一セグメント内での脅威拡散防止の実現
ホワイトリスト型のアクセス制御の実現
スイッチ上のACL設定を排除可能
セグメント間のアプライアンス型FWも、排除可能
分散FWにより、仮想マシンに関するトラフィックは制御可能
物理環境に関しては、仮想アプライアンス型FWをNSXとして設置可能

CONTACT

お問い合わせフォーム

資料請求、疑問、質問などにお応えいたします。お気軽にご相談ください。

CONTACT

お問い合わせフォーム

資料請求、疑問、質問などにお応えいたします。お気軽にご相談ください。

 ページの先頭へ戻る
VMwareについてのお問合せ