クラウドセキュリティサービス「iboss」セキュリティ

クラウドセキュリティサービス「iboss」の概要

端末からのWebアクセスをクラウド上にあるibossへ集約させ、セキュリティ機能を施すことで均一化されたセキュリティポリシーの適用が可能となり、セキュリティリスクの軽減を可能とします。 またVPNを経由せずWebへ直接アクセスすることで、セキュリティ機器や回線にかかっていた負荷を軽減するため、通信の高速化、安定化を実現し業務効率の向上に寄与します。

セキュアモバイルパックの概要
クラウド利用増加に伴う課題

【課題1】
負荷の増加

【課題1】VPNソフト導入運用負担の増大

Office365やWindowアップデート、 VPN接続やWeb会議の急増によりセキュリティ機器や回線リソースがひっ迫。通信の低速化や不安定化により、業務効率の低下が発生。

【課題2】
運用の煩雑化

【課題2】セキュリティリスクの増大

境界防御型セキュリティ環境では、 トラフィックやユーザ数の増加に応じて、 新たに機器の増強が必要。 それに伴い管理者が煩雑化し、 負担が増大。

【課題3】
セキュリティリスク

【課題3】セキュリティ機器・回線のひっ迫

社外のPCは直接インターネットに 接続できるためセキュリティリスクが増大。 また、シャドーITの横行や個人利用の クラウドサービスへの情報持ち出し等 新たなリスクが発生。

クラウドセキュリティサービス「iboss」により課題を解決いたします。

【解決1】
負荷の軽減

【課題1】VPNソフト導入運用負担の増大

DCのセキュリティ機器や回線にかかっていた負荷をibossへオフロードすることで、通信が高速化、安定化し、業務効率の向上に寄与します。

【解決2】
運用の簡素化

【課題2】セキュリティリスクの増大

トラフィックやユーザ数の増加に伴うスケールアップをibossで自動化。また各セキュリティ機能の一元管理により運用が簡素化されます。

【解決3】
セキュリティリスクの軽減

【課題3】セキュリティ機器・回線のひっ迫

端末の場所(社内・社外)や通信先(オンプレミス・クラウド)を問わず、一貫したセキュリティポリシーを適用することで、セキュリティリスクを軽減します。

おもな特徴
送信元IPアドレスの固定
  • iboss側のIPアドレスを固定にすることができます。これにより、送信元IP制限を行っているSaaSにもアクセスが可能です。
従来のVPN方式と比較しSIMのみで導入運用が容易
専用コンテナによる高い独立性
  • ibossのクラウドゲートウェイは、ユーザーごとにコンテナ化された専有のゲートウェイが割り当てられ、きめ細かい制御(Webアクセス時の送信元IPアドレスの固定など)、最高レベルのデータセキュリティが確保されます。
従来のVPN方式と比較し強固なセキュリティ対策が可能
詳細なトラフィックコントロール
  • 各デバイスからのWebアクセスをibossクラウドに集約し、セキュリティ対策を施すことでセキュリティポリシーの均一化を図ることができます。
従来のVPN方式と比較し通信分散による安定化
ライセンス体系

iboss Cloud Device Licenseはご要件に応じて3種類から選択できます。

項目・サービス内容 Core Package Malware Defense Data Loss Prevention
Webフィルタリング
SSLインスペクション / 複合化
CASB / SNSコントロール
リアルタイムレポート機能
クラウドでの集中管理
クラウドコネクタによるクラウド機能
アンチマルウェアと侵入検知 -
サンドボックス -
脅威インテリジェンス -
侵入検知と防御 -
ファイルベースのDLP(※) - -
機密情報の検知 - -
  • ※DLP 機密情報を自動的に特定し、送信や出力など、社外への持ち出しに関連する操作において、機密情報が検知された場合、該当操作をブロックする仕組み。


CONTACT

お問い合わせフォーム

資料請求、疑問、質問などにお応えいたします。お気軽にご相談ください。

 ページの先頭へ戻る
ibossについてのお問合せ