導入事例case

新明和工業株式会社 様
「TRASCOPE」導入事例

世界を舞台に多種多様な事業を展開する輸送用機器メーカー「新明和工業株式会社」。その事業の幅は広く、時間貸し駐車場の運営管理までも手がける。同社は、時間貸し駐車場の監視システムに「TRASCOPE」を採用。配線工事が必要なく、電源さえあればどこでも設置できる点が採用のポイントに。その設置個所は、首都圏を中心に現在も増え続けている。

01.「どこでも設置できる監視カメラサービス」を検討

1949年の設立以降、主幹の輸送用機器事業のみならず社会のニーズに応える新たな事業に挑戦し続ける新明和工業株式会社(以下、新明和工業)。その分野は航空機のみならず、特装車、産業機械や農林産業までと非常に幅広い。

中でもパーキングシステム事業部は、時間貸し駐車場「パークネットⓇ」を全国に展開している。ロック板がなく、「駐車しやすい駐車場」としてお客様に選ばれ続けている。しかし、無人の時間貸し駐車場にとって、利用者による抵触事故等のリスクは付きもの。同社は監視カメラの設置を検討したが、郊外にある時間貸し駐車場ではインターネットのLANケーブルを敷設できず、ネットワーク対応の監視カメラを取り付けられなかった。

そこで同社は、「LANケーブルを引かなくても設置できる監視カメラ」の導入を検討。都市部だけではなく、郊外の駐車場でも安定した監視システムの構築を目指した。

02. 「TRASCOPE」の導入へ

新明和工業は、数ある監視カメラシステムを比較検討する中で、以下の3点を特に重要視していた。

  1. 場所を選ばずに設置できるかどうか。
  2. 設置を簡単に行うことが出来るかどうか。
  3. ランニングコストを抑えられるかどうか。

それに対して「TRASCOPE」は、以下のような特徴を持つ最先端の映像監視サービスだ。

  • カメラが通信モジュールを内蔵しているため、LAN配線の敷設が不要なこと。
  • カメラは電源さえあればすぐに設置でき、レコーダーも必要ないため、始めたいその時からスタートできること。 。
  • クラウドへは、必要な情報のみを送信するため通信コストを最小限に抑えられること。
  • パソコンやスマホなど、どこからどんな端末でも映像を確認できること。

こうした特徴が同社の要望を全て網羅していたため、「TRASCOPE」が採用される形となった。現在は、新設の時間貸し駐車場を中心に「TRASCOPE」の設置箇所は増え続け、各地の駐車場の安心・安全を実現している。

03.「TRASCOPE」導入状況

出入り口のゲート、車下のロック版、ともに無い駐車場の監視用途として設置。車を停めた後、精算機に駐車日数分の料金を投入し、印刷されたチケットを車のダッシュボードに置いておく方式のため、ランニングコストを抑えた運用が可能であった。カメラ未設置の駐車場への、今後の導入を検討中。

駐車場の全景(監視カメラ画像)

04. お客様からのコメント

 弊社では「安心」「安全」「とめやすい」駐車場を提供することで社会に貢献してまいりました。
 監視カメラ導入の目的は防犯、セキュリティ、場内監視や保安警備の役割はもちろん、 駐車場全体の様子の監視とし、「品質」「性能」「価格」に重点を置き数社の監視カメラを比較検討しました。
 これらの条件を満たすカメラとして「TRASCOPE」を導入することに決定しました。初期導入費用、ランニング費用も他社より安価であるにも関わらず高画質な映像監視が実現でき当初の目的通りの運用が可能となりました。

新明和工業株式会社 様 概要
設立 1949年(昭和24年) 11月5日
本 社 兵庫県宝塚市新明和町1-1
資本金 15,981,967,991円(2017年3月末現在)
社員数 連結 4,711名(2017年3月末現在)
単体 2,948名(2017年3月末現在)
事業内容 産機システム、流体、パーキングシステム、航空機、特装車
URL URL:https://www.shinmaywa.co.jp/
掲載ソリューション情報
クラウド型映像監視サービス「TRASCOPE」
「TRASCOPE」は、高画質な映像データ分析を低コストで行うことができる、クラウド型映像監視サービスです。

CONTACT

お問い合わせフォーム

資料請求、疑問、質問などにお応えいたします。お気軽にご相談ください。

 ページの先頭へ戻る
TRASCOPEについてのお問合せ