ニュースリリースnews release

2005年10月21日
プレスリリース

沖電気工業株式会社
沖電気ネットワークインテグレーション株式会社
トーメンサイバービジネス株式会社
株式会社エヌ・エス・アイ

沖電気ネットワークインテグレーション、 高度な端末認証が搭載された中小企業向けリモートアクセス商品 「BOUT(ボート)シリーズ」の販売を開始

~ネットカフェや自宅からの利用をシャットアウト~

沖電気工業株式会社(社長: 篠塚勝正)の関連企業である沖電気ネットワークインテグレーション株式会社(本社: 東京都江東区、代表取締役社長: 松下政好、以下 OKINET)は、トーメンサイバービジネス株式会社(本社: 東京都港区、代表取締役社長: 西村拓美、以下 TCB)および株式会社エヌ・エス・アイ(本社: 東京都新宿区、代表取締役社長: 大内太郎、以下 NSI)と共同で、端末認証付きSSL-VPN(注1)システムのアプライアンス製品(注2)である「BOUT™(ボート)シリーズ」を開発しました。OKINETにより10月24日より販売を開始します。

従来のリモートアクセス方式のひとつであるSSL-VPN方式では、「ID/パスワードの漏えい」、「認証デバイスの紛失/盗難による不正アクセス」、また「自宅やネットカフェ等のセキュリティレベルの低い端末からの不用意な接続によるウィルス流入、情報漏えい」等の危険性がありました。

OKINETでは、それぞれの危険性を一括して解決するために、従来のSSL-VPNの機能に加え、利用できる端末を制限することで、より強固なリモートアクセス環境を実現しました。今回発表した「BOUTシリーズ」は、TCBが日本語版開発を行っているSSL-VPNソフトウェア「NeoAccel™ SSL VPN-Plus™」に、NSIが開発した端末認証ソフトウェア「RegistGate®」を連携させた一体型のアプライアンスサーバです。

従来のSSL-VPN装置ではネットカフェや自宅などの端末から利用できていましたが、「BOUTシリーズ」は、ID/パスワードに加えて、端末固有情報に基づいた認証を行いますので、ネットカフェや自宅などの不特定多数の端末から、利用可能な端末を制限することができます。もちろん、通信中のデータは暗号化されていますので安全です。さらに、稼動アプリケーションのチェックを行うことも可能であるため、P2Pソフトウェア(注3)等の危険なソフトウェアが起動した場合に接続を切断することもできます。

これらの機能により、リモートアクセス時の認証を強化し、不正アクセス、不正利用、ウィルス流入、ワーム攻撃を防ぎ、情報漏えいの危険性を下げることができます。このような商品をアプライアンスサーバとして、導入から運用保守までワンストップで、お客様に提供するとともに、セキュリティ対策を安全かつ簡単に実現できます。

また、「BOUTシリーズ」は端末認証サーバであると同時に、RADIUS(注4)機能も内蔵していますので、既存の認証システムActive Directory(注5)などとも連動できます。

リモートアクセス市場規模の拡大に伴い、高度なセキュリティ対策が求められています。OKINETはTCB、NSIと戦略的に提携することで、市場ニーズを俊敏に反映したセキュリティ商品を多くのユーザに提供していくことを目指します。

BOUTシリーズのシステム構成

本社側に端末認証付きSSL-VPNアプライアンスサーバ「BOUTシリーズ」を設置し、ユーザID/パスワードに加えて 端末固有情報に基づき認証を行います。 接続OKになると社内の各種サーバにアクセスすることが可能となります。

販売計画
標準販売 OKINETより販売
標準価格: 標準価格: BOUT2500一式 2,625,000円(税込)~(ソフトウェアライセンス数により変動)
出荷開始時期 2005年10月24日
販売目標 年間100セット
BOUTシリーズの特徴
  1. 不正パソコンの排除
    1. 端認末証「RegistGate」により、個人やネットカフェのパソコンから、会社のネットワークにアクセスをできないようにすることで情報の不正流出を防ぎます。
  2. 検疫機能の実装
    1. パソコン上のアプリケーションをリアルタイムにチェックしていますので、社内ネットワークにウィルスを持ち込むことを防止できます。
  3. 安価で簡単に構築可能
    1. コストパフォーマンスの優れた「NeoAccel SSL-VPN-Plus」を搭載したアプライアンスサーバです。お客様のお手元に届いた日から、すぐにご利用いただけます。
  4. 各種セキュリティシステムとの連携
    1. 指紋認証システム「UBF」などと組み合わせることで、リモートアクセス環境をより強固に構築することも可能です。
用語解説
注1:SSL-VPN
インターネットなどの公衆回線網に暗号化された仮想回線を構築し、出先から社内に接続するといったリモートアクセス用途に適した技術。暗号化にはSSLを用い、多くのWebブラウザやメールソフトは標準でSSLに対応しているため、リモートアクセス用途などで手軽に導入可能。
注2:アプライアンス製品
ソフトウェアがプリインストールされており、セッティングも施されているハードウェア。特別な操作なしで、すぐに使用開始が可能。
注3:P2P(PeerToPeer)ソフトウェア
P2P(PeerToPeer)とは、IPネットワーク上で、不特定多数の個人間で直接情報のやり取りを行なう利用形態。また、それを可能にするアプリケーションソフトをP2Pソフトウェアという。多数のコンピュータを相互につないで、ファイルや演算能力などの情報資源を共有する。
注4:RADIUSサーバ
ユーザ情報データベースに登録しているユーザID/パスワードを元に、接続要求時のユーザから得たID/パスワードが正しいものなのか確認をおこない、接続の許可・不許可を実施する。
注5:ActiveDirectroy
Windows®に搭載されているディレクトリサービス。ネットワーク上に存在するハードウェア資源(サーバ、クライアント、プリンタなど)、およびそれらを使用するユーザの属性、アクセス権(ID/パスワード)などの情報を一元管理することが可能。
  • BOUTは、沖電気ネットワークインテグレーション株式会社の商標です。
  • NeoAccel、 SSL VPN-Plusは、米国NeoAccel社の商標です。
  • RegistGateは、株式会社エヌ・エス・アイの登録商標です。
  • その他、記載されている会社名、製品名は一般に各社の商標または登録商標です。
本件に関するお問い合わせ先
  • 報道関係のお問い合わせ先
  • 沖電気工業株式会社
  • 広報部
  • 電話: 03-3580-8950
  • 沖電気ネットワークインテグレーション株式会社
  • 企画室
  • 電話: 03-5621-6601
  • トーメンサイバービジネス株式会社
  • インターネットプロダクツ事業本部 マーケティンググループ
  • 電話: 03-5715-0820
  • 本件に関するお客様からのお問い合わせ先
  • 沖電気ネットワークインテグレーション株式会社
  • ネットワーク営業本部 営業第1部
  • 電話: 03-5621-6601
  • 各リリースの記載内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更される場合が ありますので、あらかじめご了承ください。

CONTACT

お問い合わせフォーム

資料請求、疑問、質問などにお応えいたします。お気軽にご相談ください。

 ページの先頭へ戻る