検温×顔認証×マスク有無検知ソリューション新型コロナウィルス感染症対策ソリューション

検温×顔認証×マスク有無検知ソリューションとは

新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、オフィスや工場、空港、駅、公共施設、商業施設、工事現場、ホテルなどでは従業員や利用者の入退場時の健康チェックの継続的な運用が求められています。一方で、厳重な健康チェックの実施はこれを受ける側、行う側の双方にとって負荷となっている面もあり、感染症対策と運用負荷軽減の両立が喫緊の課題となっています。
本ソリューションは、固定型サーマルカメラを用いて対象者の体表温度測定を行うと同時にマスク有無自動検知、顔認証の自動解析を実現します。オフィスや各種施設などにおける安心・安全な入退場や感染拡大リスクの低減など、感染症予防の取り組みに貢献します。
また、同時に複数人を認識し、それぞれの体表温度測定、マスク有無自動検知、顔認証を行うことが可能なため、管理者の時間と手間を大幅に低減することが期待できます。

お客様のこのような課題を解決します
感染症対策のため来場者やオフィス入館者に検温を実施したいが労力や時間がかかり現実的ではない。
発熱検知ソリューションでは、複数人を同時に検温する事が可能です。オフィスや店舗入口に固定型サーマルカメラを設置することで、複数の来場者の状態を自動で解析し、効率的な検温が可能となります。
また、解析されたデータをリアルタイムに確認することが可能です。
感染症対策のため従業員のマスク着用を徹底したい。
AIアルゴリズムにより自動でマスク有無検知を行います。これまでは認証率の低かったマスク装着時の顔認証も正確に認証します。また、色付きマスクやなりすましなどの様々なシチュエーションにも対応いたします。
検温やマスク着用を確認したデータを蓄積、管理したい。
社員情報などのデーターベースと連携させることで、社員一人ひとりがいつ・どこで検温されたかをクラウド上で統合管理する事が可能です。
おもな特徴
非接触型で素早い温度検知を実現
肌に直接触れずに体表面の温度をリアルタイムで検知いたします。素早く検知することで体温測定の効率化をはかります。
特定エリアへの侵入を抑止し感染リスクを軽減
入場・入室前に体表面の温度を検知することで発熱の疑いがある人物の侵入を抑止し、感染拡大を予防します。また、発熱の疑いがある人物を速やかに誘導することが可能となります。
検温、顔認証、マスク有無検知を同時に実現
同時に複数人を認識し、それぞれの体表温度測定、マスク有無自動検知、顔認証を行うことが可能なため、複数人のチェックを実施する管理者の時間と手間を大幅に低減することが期待できます。
ソリューション構成図
  • AE2100は、沖電気工業株式会社の商標です。
  • MOBOTIX🄬ネットワークサーマルカメラは、コニカミノルタのグループ会社であるMOBOTIX AGの登録商標です。


CONTACT

お問い合わせフォーム

資料請求、疑問、質問などにお応えいたします。お気軽にご相談ください。

 ページの先頭へ戻る
検温×顔認証×マスク有無検知ソリューションについてのお問合せ