発熱者検知カメラソリューション新型コロナウィルス感染症対策ソリューション

発熱を検知し感染拡大を予防!
発熱者検知カメラソリューションでは、新型ウイルスの感染症拡大防止に向け、体温測定専用に設計された「ハンディタイプのサーマルカメラ」、顔を検出して体表面温度を測定する「固定型サーマルカメラ」をお客様のご利用用途に合わせご提供いたします。発熱者を事前に判断することで特定エリアへの侵入を防ぎ新型コロナウィルスの感染を最小限に防ぎます。検温のニーズに応じた2タイプのサーマルカメラで感染拡大のリスクを抑えます。
おもな特徴
特定エリアへの侵入を抑止し感染リスクを軽減
事前に体表面の温度を検知することで発熱の疑いがある人物の侵入を抑止し、感染拡大を予防します。また、発熱の疑いがある人物を速やかに誘導することが可能となります。
非接触型で素早い温度検知を実現
肌に直接触れずに体表面の温度をリアルタイムで検知いたします。素早く検知することで体温測定の効率化をはかります。
ご利用環境に応じて選べる2タイプ
体温測定専用に設計されたハンディタイプのサーマルカメラと顔を検出して体表面温度を測定する固定型サーマルカメラをお客様のご利用用途に合わせご提供いたします。
ハンディ型サーマルカメラ

リアルタイムの簡易的な検査に最適

リアルタイムの温度を検出し、スクリーンに表示します。対応測定用に30℃~45℃の狭いレンジに設定しており±0.5℃の高精度測定を実現。撮影した画像はのMicroSDカードに保存されます。

機器仕様

固定型サーマルカメラ

同時に複数人の物体表面温度分布を表示

顔を検出して表面温度を測定します。カメラに撮影された動画はリアルタイムにモニターへ表示。発熱を検知すると発熱部を赤枠で囲み警告します。

優れたサーマル性能を両立

2眼レンズのためサーマルセンサーに加え、オブジェクト識別用の光学レンズを搭載でき、光学レンズ との自動で切り替えも可能です。

省人化・効率化を実現

様々なデータを取得して、アクションに繋げるまでをカメラが行い、シンプルな設計でワンストップ制御を実現。



CONTACT

お問い合わせフォーム

資料請求、疑問、質問などにお応えいたします。お気軽にご相談ください。

 ページの先頭へ戻る
発熱者検知カメラソリューションについてのお問合せ